山手メンター塾(やまのてメンター塾)とは

山手メンター塾は『学びあい・実践しあえる仲間との出会いの場』です。社会保険労務士に登録してから3年以内の会員を対象とした勉強会として、東京都社会保険労務士会 山手統括支部により2015年に設立されました。

山手メンター塾の「理念」と「趣旨」

『学びあい・実践しあえる仲間との出会いの場』

山手メンター塾の内容

登録から「おおむね3年以内」の方が対象

似たような立場のメンバーが集う会です。山手メンター塾の時間は参加者はすべて平等と考えており、山手メンター塾では「さん」付けが原則です。連合会会長であっても、東京会会長であっても「さん」付けです。

ディスカッション中心

講義のテーマはありますが、ディスカッション中心の勉強会です

振り返りシートの共有

半年後に自分の成長を確認できるよう、振り返りシートを用意しています。

支部会員と仲良くなれる+他地域の方とも仲良くなれる

山手統括支部の会員を対象とした公式の勉強会と、他地域、他府県会の方も参加ができるオープン勉強会があります。
いずれの勉強会も意見を交わす勉強会ですので、公式の勉強会では近所で活躍している支部会員と仲良くなれますし、オープン勉強会では、他地域にお住いの同じような立場の方とも仲良くなれることが特徴です。

山手メンター塾が提供する”3つの場”

仲間との出会いの場

  • 同じ立場・境遇(勤務同士・新規開業同士)の者が集う場所
  • 同期のつながりを作る場所

学びあえる場

  • 気軽に相談できる・教えあえる場所
  • 私らしさ(自主性)が、仲間のために活かされる場所

実践しあえる場

  • 「私らしい社労士」とは何か?を考え、現場でトライできる場所
  • 統括支部の活動を、ちょっと知ることができる場所

山手メンター塾の目指す成果

  • 新人が困ったとき相談したいときに頼れる先ができるようになる(支部・統括支部のほぼ同期の仲間たちと先輩)
  • メンター役も相談にのる中で勉強にもなり情報交換もできるようになる
  • 支部・統括支部が人材を育てる仕組みを持つことにより育って行った先輩会員が今度は新人の相談にのるなどの好循環を生むことができるようになる
  • 勤務会員同士の情報交換の場を作ることができるようになる
  • 支部の人材を支部長をはじめとして役員が把握することで活躍の場に的確に推薦することができるようになる
  • ベテランの事務所で業務繁忙の際にまだ仕事が少ない会員が経験としてお手伝いできるようになる