山手メンター塾(やまのてメンター塾)とは

山手メンター塾は『学びあい・実践しあえる仲間との出会いの場』です。社会保険労務士に登録してから3年以内の会員を対象とした勉強会として、東京都社会保険労務士会 山手統括支部により2015年に設立されました。

設立の経緯

山手メンター塾は設立当時の統括支部長であった小磯統括支部長の発案であり、以下のような思いで設立されました。

支部及び統括支部の役割は何かを考えたとき、一番大事なことは人材を育てることと考えました。 既に業務が軌道に乗っている会員でも登録間もないときは特に先輩社労士の助言がとても有効だったのではないかと思います。

 

また、山手メンター塾で新人を支援していく仕組みを作る中で、メンター役を担って頂く会員にとっても勉強になる場面が多くあると思います。更に懇親会では先輩の話を聞けることは社労士としての将来の自分を描くために、また勤務会員が将来開業を考えるためにも有効なことと考えます。

縦と横の会員同士でのつながりを持つ山手統括支部の中で「次世代の社労士」が大きく育っていくことができればと思っておりますので、ご協力のほどよろしくお願いします。

山手統括支部支部長 小磯優子

開業・勤務問わず登録年数が短い社労士に、社労士として業務を行っていく上で経験豊富な会員がメンター役となり継続的に支援をする仕組みを作るとともに、会員皆が気軽に相互に情報交換ができる場として山手メンター塾は設立されました。

山手メンター塾の「理念」と「趣旨」

『学びあい・実践しあえる仲間との出会いの場』

山手メンター塾が提供する”3つの場”

仲間との出会いの場

  • 同じ立場・境遇(勤務同士・新規開業同士)の者が集う場所
  • 同期のつながりを作る場所

学びあえる場

  • 気軽に相談できる・教えあえる場所
  • 私らしさ(自主性)が、仲間のために活かされる場所

実践しあえる場

  • 「私らしい社労士」とは何か?を考え、現場でトライできる場所
  • 統括支部の活動を、ちょっと知ることができる場所

山手メンター塾の目指す成果

  1. 新人が困ったとき相談したいときに頼れる先ができるようになる
    (支部・統括支部のほぼ同期の仲間たちと先輩)
  2. メンター役も相談にのる中で勉強にもなり情報交換もできるようになる
  3. 支部・統括支部が人材を育てる仕組みを持つことにより育って行った先輩会員が今度は新人の相談にのるなどの好循環を生むことができるようになる
  4. 勤務会員同士の情報交換の場を作ることができるようになる
  5. 支部の人材を支部長をはじめとして役員が把握することで活躍の場に的確に推薦することができるようになる
  6. ベテランの事務所で業務繁忙の際にまだ仕事が少ない会員が経験としてお手伝いできるようになる